2010年06月16日

借入総額に上限=改正貸金業法、18日完全施行(時事通信)

 消費者金融など貸金業者に対する規制を強化する改正貸金業法が18日に完全施行される。業者からの借入総額を年収の3分の1以下に抑える「総量規制」の導入と、利息制限法の上限(年15〜20%)を超える「灰色金利」の撤廃が柱。2006年12月の同法施行から段階的に導入された規制のうち最も厳しい内容で、返済能力を超えた過剰融資を防止するのが狙いだ。
 総量規制の導入により、すでに借入金が年収の3分の1を超えている利用者は追加融資を受けられなくなるため、資金繰りが急激に悪化する副作用が懸念されている。金融庁は法律の見直しには踏み込まなかったものの、内閣府令の改正により、借り手に配慮した激変緩和措置をまとめた。 

【関連ニュース】
木村前会長を任意聴取=役員ら数人からも
SFCG関係メールを削除=違法取引隠ぺい狙いか
日本振興銀行を家宅捜索=メール削除で検査逃れ
メールの削除認める=役員含む数人が関与
日本振興銀行を本格捜査へ=メール削除、検査忌避の疑い

W杯日本戦の視聴率、終了間際49・1%に(読売新聞)
国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上(読売新聞)
<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
早期終息、再建に全力=菅首相、口蹄疫対策で宮崎入り(時事通信)
posted by ホシカワ ミツオ at 11:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

枝野幹事長「新内閣を全力で支える」(産経新聞)

 国民の多くが「(期待に応える努力が)十分ではない」という気持ちを持たれる状況になったことを改めておわび申し上げる。新しい内閣を全力をあげて支えていくことが何よりの責任だ。政府と与党の一体化、政策決定の一元化、政治主導、官邸主導の政治をしっかりと実現し、実行していくため内閣と党との関係を整理したい。政策調査会も復活する。すべての議員の力が政策実現に結びついていく体制をしっかりと確立したい。

 政治に対する信頼、政権や民主党に対する信頼を回復するため、党運営の徹底した透明化を進める。意思決定のプロセスや党運営の情報を公開する。特に政治とカネの問題が問われている。各党間で協議すべきだが、まず私は今日を機に企業団体献金を受け取らない。率先する。

 参院選をしっかりと乗り越えなければならない。国民の信頼を取り戻すことには大きな困難があるが、あきらめてしまっては政治を変えられない。勇気をもって、民主党政権の新しい出発を訴え、秋以降、鳩山(由紀夫)首相の残された思いを政策実現という形で実現したい。

 小沢(一郎前)幹事長には、(新幹事長に)内定してすぐに「あいさつにうかがいたい」とお願いした。日程を調整中だ。(小沢氏の)処遇は菅直人代表が判断をされるべき種類のものだ。

 前幹事長の執行部とは平均年齢が全然違う。政治経歴、政治的な手法も違いがある。私自身は私たちの世代の得意なところ、言論をもって国民を説得する強みを生かしていきたい。前幹事長が幹事長辞任というけじめをつけた以上、法的には防御権に配慮しなければならない。政治倫理審査会や証人喚問への出席要求については一定の配慮をすべきだ。(小沢執行部が導入した新しい)「陳情システム」については透明性が確保されれば合理性もある。改善を進めたい。

 参院選の目標はすべての候補が当選することだ。選挙戦略は早急に詰める。(改選2以上の選挙区での複数候補擁立については)各地域と協議する。(党が支給する)活動費は透明性と公平性をもって行い、分配すべきものがされていないなら分配する。世論調査でいい数字が出ていることはありがたいが謙虚に受け止めたい。支持率が(会期延長など)国会日程に影響を与えるべきではない。

【関連記事】
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
玄葉氏が党政調会長兼公務員改革相 午後に新執行部発足へ
新政権 露骨な「小沢外し」
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

忘れていた乙女心に火をつける、ヴァンパイアとの禁断の恋
韓国大使に武藤氏、局長経験なし異例の抜てき(読売新聞)
石綿「家庭内暴露」 従業員の妻が死亡(産経新聞)
G20、代理出席も厳しく=内閣総辞職で空白に(時事通信)
JRに爆破予告 2日連続、不審物は発見されず(産経新聞)
posted by ホシカワ ミツオ at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

<陸自>ミサイル誤発射、原因は隊員のミス 群馬・高崎(毎日新聞)

 群馬県高崎市の陸上自衛隊吉井弾薬支処で今年4月、対戦車用ミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」(全長157センチ、直径15センチ、重さ33キロ)が点検中に誤発射した事故で、防衛省陸上幕僚監部は27日、作業した隊員2人が電源供給を止めるスイッチを押し忘れるなどの単純ミスが重なったことが事故原因との調査結果を発表した。

 調査結果によると、通常の点検では、ミサイルに点検器から電流を流して正常かどうかを確認する。しかし、ミサイルとケーブルの接続部分に導電性の異物が付着していたことを十分確認せず▽点検終了後、電源供給を止めるスイッチを押し忘れ▽ミサイルからケーブルを外す順番を誤った−−という三つのミスが重なったため誤発射が起きたという。

 火箱芳文・陸上幕僚長は「誠に遺憾。特に周辺住民の方々に不安を与え、おわびを申し上げたい」と陳謝した。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
傷害容疑:女装して女湯、ばれて暴力 防衛省技官を逮捕
千歳基地:電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕
防衛省:試験さらに出題ミス
日米会談:両国防衛相、緊密な連携で一致
北沢防衛相:訪米 国防長官と普天間移設で詰めの協議へ

不明の三男を指名手配=母親殺害容疑―兵庫県警(時事通信)
バスと乗用車衝突、17人けが…北海道大空町(読売新聞)
くらたま、夫の元妻から訴えられた!(スポーツ報知)
小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)
約3年半前の殺人容疑 暴力団幹部3人逮捕(産経新聞)
posted by ホシカワ ミツオ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。