2010年06月11日

枝野幹事長「新内閣を全力で支える」(産経新聞)

 国民の多くが「(期待に応える努力が)十分ではない」という気持ちを持たれる状況になったことを改めておわび申し上げる。新しい内閣を全力をあげて支えていくことが何よりの責任だ。政府と与党の一体化、政策決定の一元化、政治主導、官邸主導の政治をしっかりと実現し、実行していくため内閣と党との関係を整理したい。政策調査会も復活する。すべての議員の力が政策実現に結びついていく体制をしっかりと確立したい。

 政治に対する信頼、政権や民主党に対する信頼を回復するため、党運営の徹底した透明化を進める。意思決定のプロセスや党運営の情報を公開する。特に政治とカネの問題が問われている。各党間で協議すべきだが、まず私は今日を機に企業団体献金を受け取らない。率先する。

 参院選をしっかりと乗り越えなければならない。国民の信頼を取り戻すことには大きな困難があるが、あきらめてしまっては政治を変えられない。勇気をもって、民主党政権の新しい出発を訴え、秋以降、鳩山(由紀夫)首相の残された思いを政策実現という形で実現したい。

 小沢(一郎前)幹事長には、(新幹事長に)内定してすぐに「あいさつにうかがいたい」とお願いした。日程を調整中だ。(小沢氏の)処遇は菅直人代表が判断をされるべき種類のものだ。

 前幹事長の執行部とは平均年齢が全然違う。政治経歴、政治的な手法も違いがある。私自身は私たちの世代の得意なところ、言論をもって国民を説得する強みを生かしていきたい。前幹事長が幹事長辞任というけじめをつけた以上、法的には防御権に配慮しなければならない。政治倫理審査会や証人喚問への出席要求については一定の配慮をすべきだ。(小沢執行部が導入した新しい)「陳情システム」については透明性が確保されれば合理性もある。改善を進めたい。

 参院選の目標はすべての候補が当選することだ。選挙戦略は早急に詰める。(改選2以上の選挙区での複数候補擁立については)各地域と協議する。(党が支給する)活動費は透明性と公平性をもって行い、分配すべきものがされていないなら分配する。世論調査でいい数字が出ていることはありがたいが謙虚に受け止めたい。支持率が(会期延長など)国会日程に影響を与えるべきではない。

【関連記事】
菅氏したたか?続々内定組閣人事“仕分け人”蓮舫氏も大臣に
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
玄葉氏が党政調会長兼公務員改革相 午後に新執行部発足へ
新政権 露骨な「小沢外し」
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

忘れていた乙女心に火をつける、ヴァンパイアとの禁断の恋
韓国大使に武藤氏、局長経験なし異例の抜てき(読売新聞)
石綿「家庭内暴露」 従業員の妻が死亡(産経新聞)
G20、代理出席も厳しく=内閣総辞職で空白に(時事通信)
JRに爆破予告 2日連続、不審物は発見されず(産経新聞)
posted by ホシカワ ミツオ at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。